好きなものは好きなのさbyあさゐ
パリキチあさゐの思い出日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ギャルリー・ヴィヴィエンヌ
パリにはいくつもパッサージュ(ギャルリー)があります。

特徴はガラス屋根がついているアーケード街。直線的な通りもあれば

曲がっている通りや枝分かれしている通りもあります。

改装して新しくなった通りもありますが、大半は古くて歴史を感じるものです。

もちろん改装しても「古きよき時代」の雰囲気が残っています。

歴史あるアーケード


床にも趣向が凝らしてあり、キレイにタイル(?)が敷き詰めてあります。

ヴィヴィエンヌの場合、パリの史跡にも指定されていて、オシャレなカフェや

雑貨屋さん、文具屋さんなどが軒を並べています。

決して人がいないわけではないのに、ざわついた雰囲気ではなく、ゆっくりと

時間が流れているような雰囲気が漂っている感じですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
海外旅行なら地球の歩き方
海外旅行の最新情報
エイビーロードネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。