好きなものは好きなのさbyあさゐ
パリキチあさゐの思い出日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
名も無き道?
パリには地図にも載っていない細い道がいっぱいあります。

詳細な地図には載っているかもしれないけれど、旅行者用のガイドブックでは・・。

あんまり危なそうな先の見えない道を歩くのは怖いからためらってしまいますが

明るい昼間で危なくなさそうな道なら、あさゐはフラリと入っていきます。

何を基準に「危なくない」かは、野性のカンかもしれないけれど。

それは地元京都にいても同じような行動をとるからですが。だって知らない道でも

出口はあるだろうから、方向(東西南北とか)が分かっていればいいと思うからです。

もしかしたら新しい発見があるかもしれないし~~♪

小道


でも残念ながらこの小道は、そんなにすごいものじゃないんです。

パレ・ロワイヤル近辺を歩いていて、1本向こうの道に通り抜けられそうだったので

通ってみた道なんですよ。だって出口見えてるし(^^;

でも正確には道じゃなくて、建物の中を通り抜けるための通路って感じですね。

だって夜中には両方の入り口の扉がしまってしまうので。

出口がちょっと下に見えるのは、階段があるからです。その手前左側には

小さなビストロ?ブラッスリー?ちょっと区別がつかなかったけれど

お店があります。流行っているのか分からないけど、あさゐのイメージでは

仲のいい老夫婦が昔からやっていて欲しい・・・。もしくはその孫夫婦が

継いでいて欲しい気がします。ただのイメージですけどね。

息子夫婦はキャリア志向で「ビストロなんてやらないっ」って言って老夫婦と

ケンカ状態なのだけど、孫夫婦がどうしているか気になって影からこっそりと

見ている所を見つかって・・・って何かのドラマの世界になってしまいました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
海外旅行なら地球の歩き方
海外旅行の最新情報
エイビーロードネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。