好きなものは好きなのさbyあさゐ
パリキチあさゐの思い出日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
清流園
二条城の北側に広がる、比較的新しい時期に現在のかたちになった庭園です。

戦後にはテニスコートになったりして、なかなか波乱万丈だったようですが

昭和40年に、旧角倉了以の自宅の一部や庭石・庭木等を無償で譲り受けたり

全国から集めた銘石、篤志家から寄贈を受けたものを使って完成したそうです。

東半分は洋風庭園、西半分は和風庭園になっているのですが、真ん中を横切ることは

出来ないので、グルリと周囲を時計回りに回るようです。結構な広さでした・・・。
和風 洋風

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
篤志家フィランソロピー (Philanthropy) とは金銭、物|物品、時間、労力をチャリティー|慈善的な目的を援助するためにささげる行為をさす英語。意味的には「チャリティー」に近く、従来日本語では「慈善活動」「博愛」「人類愛」などとも呼んできた。特定
2007/09/12(水) 15:01:37 | みきのblog
海外旅行なら地球の歩き方
海外旅行の最新情報
エイビーロードネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。