好きなものは好きなのさbyあさゐ
パリキチあさゐの思い出日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豫園で有名な太湖石
これまでにもアチコチで太湖石を見てきましたが、この豫園の太湖石は格別だそうです。

玉華堂という書斎の机に座ると真正面に高さ3メートルもの石が置かれています。

天然かつ穴が多くてほっそりしているのが太湖石がよいとされていて

これはその典型だと言われています。

ちゃんと立派な名前がついていて「玉玲瓏」と言うんですって。(読めないけど)

ちなみにこの玉玲瓏は1105年に宋の皇帝が庭園建設のために、全国から

奇石を収集した際に紛失したものの1つだと伝えられています。

要するに誰かに横流しされたってヤツですかねぇ。

ガイドのレイコさんによると、玉玲瓏には80個以上の穴が開いていて

その全てが繋がっているそうです。
玉玲瓏

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
海外旅行なら地球の歩き方
海外旅行の最新情報
エイビーロードネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。