好きなものは好きなのさbyあさゐ
パリキチあさゐの思い出日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めての・・・
2日もすっ飛ばしてしまいました。

もう、あまりにも風邪が治らず熱があまりあがらなくなったかわりに体調が悪くなり

どうにもこうにもならなくなったので、いつも行っている病院へ木曜日行きました。

すると風邪はもちろんですが、そこに貧血が加わり大変なしんどさに・・・。

何をしていてもグラグラしているような状態だったので、色々と考えたあげく

「輸血」をすることに!足りないのはヘモグロビンなので、その成分だけですが。

もちろん輸血に使用する血液は、日本赤十字からの献血由来血液なのですが

同じ血液型でもあくまで他人の血液ですから、体に入ったらどうなるかわかりません。

細かい成分の適合度が低いと体が異物とみなして攻撃したりするので

熱が出たり、じんましんが出たりとか困ったことになってしまうので

まずは自分の血液を取って、輸血に使う血液を混ぜ合わせたりして色々検査して

適合度が高い血液の必要な成分を、生理食塩水と一緒に点滴するわけです。

その自分の血液をですね~16ccほど必要なのですが、これが結構大変な量でして。

看護師さん、かなり頑張ってくれたんですが微妙に足りないまま(^^;

そして最終的に2時間ぐらいかけて、280ccのヘモグロビン(赤血球)を

輸血したわけです。そのおかげか、今は多少楽になったような気がします。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
輸血。。。
大変なんですね、輸血って!
私は血(大量)を見ただけで貧血を起こす人なので
献血はおろか、輸血なんてしたことがないので
そんなに複雑なものとは知りませんでした。
でも、何事も起こらず適合してよかったですね!!
2006/10/07(土) 16:21:05 | URL | ciel #Pt6tkSnA[ 編集]
cielさんへ
そうなんですよ~。よくドラマとかで「私の血を使って」とか家族間であるけれど
それがもっとも危険らしいんですよ。
家族の血はかなり似てはいるけれど、似すぎていて自分の体が「自分と同じだ」と錯覚して
無防備状態で受け入れるので、ちょっとの違いでお互いを攻撃するそうです。
それが最初から「他人の血」だと自分の体も防御状態に入るので
大丈夫なんだとか。ドラマのようにはいかないものです。
2006/10/07(土) 16:28:16 | URL | あさゐ #mQop/nM.[ 編集]
ラクになったとのことですが、現在のお加減いかがでしょうか?

しかし、輸血って色々あるのですね・・・。同じ血液型なら問題ないと思っていました・・・。
2006/10/08(日) 07:56:59 | URL | excimer #-[ 編集]
家族で同じ血液型ならすぐにでも輸血できるんですかね?
2006/10/08(日) 17:18:31 | URL | よしゆきロビンソン #GBl8Jb1o[ 編集]
excimerさんへ
ご心配おかけしています。
あとは元々の風邪から来る、咳が治れば大丈夫じゃないかと。
咳のし過ぎで腹筋が痛いですけども・・・(^^;

輸血にはちゃんと書類にサインをしなければいけないようです。
輸血をした場合としない場合の危険性が書かれているのですが
どっちも危ないことが書かれているので、余計に悩みそうでした。
2006/10/08(日) 21:46:24 | URL | あさゐ #mQop/nM.[ 編集]
よしゆきロビンソンさんへ
家族の方が危険なんですって。かなり似た血液成分を持っている為
最初のちょこっと入ってきた時点で「ようこそ~同じ血液さん」と
油断した状態なので、ちょっとだけ違う輸血用血液の成分が
自分の体を攻撃してしまい、ショック状態になったりするそうです。
違いが許容範囲内で(例えば3割ぐらいとか)の場合だと
最初から「こいつは違う血液だ」と自分の体が防御体制に入るので
大丈夫らしいですけど・・・。
2006/10/08(日) 21:50:36 | URL | あさゐ #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
海外旅行なら地球の歩き方
海外旅行の最新情報
エイビーロードネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。