好きなものは好きなのさbyあさゐ
パリキチあさゐの思い出日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
虎丘出口付近にて
入り口側と違い、出口への階段はヤケに急でした。一部は昔に作られたままらしく

階段自体が斜めになってるし(^^;

腰を痛めているあさゐにとってはかなりの苦痛でしたが、降りないと帰れない・・・。

ヨタヨタと降りていくと、どうも雨がポツポツと降り始めました。

一応皆折り畳み傘を持っていたので問題はないのですが、その状況での記念写真は

ちょっと面倒くさいという感じ。まぁツアーだし仕方ないですけど。

出口付近にもやはり川があり、中国らしい雰囲気を醸し出していました。

川は普通だけど、周囲にある建物がそういう風に見せているんでしょうね。

いいそして反対側にはやはり(?)馬車で運んでくれるおじさんが。

特に客引きするわけでもなく、座っているだけ。商売っ気ないなぁ。
虎丘出口の川 馬車おじさん

出口正面の建物は扉を開ける様子はなく、横の出口から出入りするようです。

建物の辺りでは、何かテレビ番組の撮影をやっていたようです。
虎丘出口の建物

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
綺麗な馬ですね。
サラブレッドですかね?
最近は日本でお役御免になった馬が中国へ渡ったりしつつあるようです。
2006/10/16(月) 01:28:39 | URL | よしゆきロビンソン #GBl8Jb1o[ 編集]
よしゆきロビンソンさんへ
ちょっと赤毛の馬って感じですよね。
馬って待っている時とか座っちゃいけないんでしょうかね?

日本で育った馬が中国へ行ったりすると、環境の違いはもちろん
食事の違い(?)にストレスを感じたりしないんでしょうか・・・。
2006/10/16(月) 21:05:16 | URL | あさゐ #mQop/nM.[ 編集]
馬は立った状態で寝たりするので、座ったり寝そべったりは滅多にないですよ。
中国は痩せた土地ばっかなので、生産には向かないようです。
向こうへ渡るからには、環境の変化に動じない肝っ玉の据わった馬が行くと思いますよ。
2006/10/17(火) 17:10:36 | URL | よしゆきロビンソン #GBl8Jb1o[ 編集]
よしゆきロビンソンさんへ
立ったまま寝るですか・・・知りませんでした。野性の時の習慣とか。
敵が来た時にサッサと走って逃げる・・・?

でも大陸に渡るにしても、桜鍋になるよりいいんですよねぇ。
2006/10/17(火) 21:20:32 | URL | あさゐ #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
海外旅行なら地球の歩き方
海外旅行の最新情報
エイビーロードネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。