好きなものは好きなのさbyあさゐ
パリキチあさゐの思い出日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
信三郎帆布のかばん
信三郎帆布・・・「一澤帆布」と言ったほうがご存知の人が多いのではないでしょうか。

先代が亡くなられてから長男・次男vs三男の相続問題が勃発しましたからねぇ。

裁判では長男側の主張も認められてしまったので、これからどうなるのだろうと思って

心配していましたが、長年苦楽を共にしてきた職人さんたちは信三郎さんについていき

信三郎さんは新しい屋号で再出発されたわけです。

あさゐと「一澤帆布」の出会いは今から17年前にさかのぼります。

何てことはない、あさゐの高校の推奨補助カバンだったからですけどね。

当時のお店は古くって、商品も山のようにありました。お客がいないので入りにくいほど。

それが今では品切れ続出のスゴイ人気です。時代の移り変わりってすごいです。

ちなみに17年前に買ったかばんは今でも現役ですよ~。本当に頑丈です。

10時半頃にお店に着くと、ガードマンがいて、ズラリと行列が。

少しずつ進んでお店のドアの前でもちょっと待ったので40分ぐらいかかりました。

既に売り切れた色もありましたが、あさゐは自分の欲しい色をゲット!

1人2つまでだし、当日の再入店お断りだけど、並んだかいがありました。
昔は・・・ → そして今

そのあと祇園の方に歩いていくと・・・
何と舞妓さん(お仕事中ではありません)まで持っていました!

歩きながら撮ったので、かなりぼやけていますが、間違いなく信三郎帆布でした。
舞妓さんまで

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なんとなく・・・
記事とは関係ないですが、
これからは舞妓の時代が来ると思い込んでます。
2006/09/10(日) 00:17:19 | URL | snow。 #-[ 編集]
snow。さんへ
何でまた・・・。一種の職人(?)だからとか。
夜の祇園界隈を歩いていると、仕事に行く前の舞妓さんを見ることがあります。
白川沿いを歩いていると、川の向こうの御茶屋さんで踊る舞妓さんとか。
2006/09/10(日) 14:03:08 | URL | あさゐ #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
海外旅行なら地球の歩き方
海外旅行の最新情報
エイビーロードネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。