好きなものは好きなのさbyあさゐ
パリキチあさゐの思い出日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冥王星よ、さようなら?
プラハで行われていた国際天文学連合の総会で、太陽系の惑星が増えて12個になるとか

色々言っていたのに・・・結局、すごく小さくて氷の塊(?)らしくって

太陽の周りを楕円を描いて、ある意味不規則に回っている冥王星が除外されました。

今まで「水金地火木土天海冥」と覚えていたのになぁ・・・。

まぁ衛星カロンが、地球と月の関係と同じように一緒にいますけどね。

それにしても、惑星の英語名(?)ってどういう感覚で決めたんでしょうね。

水星=マーキュリー=商業・旅人の神  
金星=ヴィーナス=美の女神   
地球=アース      
火星=マース(マルス)=軍神
木星=ジュピター=ローマ神話の主神
土星=サタン=農耕神
天王星=ウラヌス=天の神
海王星=ネプチューン=海の神
冥王星=プルート=冥府の王
カロン=冥府の川の渡し守

誰がつけたか知らないけれど、ギリシャ神話とかの神様の名前ばかりですね。

地球だけが、どうもわからないのだけれど・・・。

この決定を知った時、ホルストの組曲「惑星」はどうなるのー!と思ったけれど

よく確認してみると、ホルストが「惑星」を作曲した時には冥王星はなかったようで

曲の中になかったんですよね・・・。それはそれで何だか寂しいかも。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。私はデザインの森というところで写真を掲載しております。
良かったら見てみてください。http://www.sozaemon.com/catalog/default.php
2006/08/26(土) 19:02:58 | URL | ミニラ #y9gYClpc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
海外旅行なら地球の歩き方
海外旅行の最新情報
エイビーロードネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。