好きなものは好きなのさbyあさゐ
パリキチあさゐの思い出日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人種差別にNOを突きつける
2006年ワールドカップドイツ大会のスローガンだそうです。

黒人選手(多くはアフリカ出身の)に対する差別的発言や行為を排除することが目的です。

今回もフランス代表チームが決勝トーナメントのスペイン戦でそういった事件があったらしく・・。

もちろんその現場を見たわけではないから、どういった経緯があったのか分かりませんが

真実ならとても悲しいことです。

昨日の夜、その辺りのことを色々読んでいて本当に悲しくなりました。

試合中、観客から侮辱行為を受けた選手が涙ながらに審判に直訴したり

ピッチ上で何も出来ず、その観客のほうを見つめ寂しそうな笑顔を浮かべる選手、

コーナーキックの際、バナナの皮を投げつけられ、泣きながら試合を続けた選手・・・。

彼らの肌の色が違うのを、生まれたところが違うのも彼らのせいではありません。

彼らは努力を重ねサッカー界で成功を手にした素晴らしい選手なのに・・・。

またそうした場合に良くあることですが、加害者側は「大きな問題」と捕らえていないこと。

フランス代表FWのアンリに対するスペイン代表監督の侮辱的な発言は

マイクに拾われ、メディア批判に晒されたと言うのに、当の本人達は

「アンリは許してくれたよ」と軽く答える。でも言われたアンリはどうだろう?

人は受けた心の傷は忘れないし、他人が思うよりずっと深刻に捕らえているでしょう。

個のアイデンティティーを否定するような侮辱的行為は絶対に排除しなくてはなりません。

考えていると、また悲しい気分になってしまいました・・・。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
寂しいことです。
オレはアフリカのサッカーが大好きでいつも応援しています。
オレのURLに含まれている「foe」はカメルーンのフォエ選手のことで、試合中に命を落としてしまいました。
人格者でもあり、みんなに慕われてました。
白人なんかより運動能力も含めて素晴らしい人が多いんですけどね…。
2006/07/02(日) 18:19:10 | URL | よしゆきロビンソン #GBl8Jb1o[ 編集]
よしゆきロビンソンさんへ
今回ガーナ、頑張ってましたものね。正直ブラジルをふっとばして欲しかった・・・。
パリにいる時はそんなに人種差別って感じないんですけどね。
私は結構ブラブラしているので、アフリカ系の人たちと話す機会があるのですが
親切な人、多いですよ。握手した時に、手のひらだけ白いことが
不思議で仕方ないんですけど(^^;なんででしょう?
2006/07/02(日) 18:42:36 | URL | あさゐ #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
海外旅行なら地球の歩き方
海外旅行の最新情報
エイビーロードネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。