好きなものは好きなのさbyあさゐ
パリキチあさゐの思い出日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当の入り口
ここはとっても地味なのですが、宮殿としてのルーブル美術館の本来の入り口でした。

今はガラスのピラミッドが入り口になっているし、メトロの改札と直結しているのも

パレ・ロワイヤル・ミュゼ・ド・ルーブル駅です(長いな・・)

ここはルーブル・リヴォリ駅近くなのですが、別に直結もしていません。

でも駅には美術品のレプリカが置かれていてるんですけどね。

翼棟としてはシュリー翼になり、中の広場はクール・カレと呼ばれています。

方形(カレ)広場(クール)というわけです。

クールは広場と訳すより中庭と訳したほうがあっている感じがします。
地味だ・・・

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
海外旅行なら地球の歩き方
海外旅行の最新情報
エイビーロードネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。