好きなものは好きなのさbyあさゐ
パリキチあさゐの思い出日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本屋で立ち読み
会社帰り、ダヴィンチコードをどうするかと悩みつつ本屋に寄ってみたわけです。

文庫も出ていると思ったけれど、売れ行きがいいのかハードカバー本しかない。

まぁとりあえずは最初のページから読んでみる・・・結構面白そう。

時々本の題名とオビに書かれているちょっとしたあらすじに興味をひかれ

勢いで買ってしまって、いざ読んでみるとどうも読みにくいというか

頭にスンナリ入ってこない時がないですか?あさゐはよくありますが。

基本的に本好きなので色々乱読するのだけど、何度読んでも理解できない時があって

ひどい時は何度も同じところばかり読み返してる時があります。

「ダヴィンチコード」は多分大丈夫そうな感じです・・・。

とりあえず文庫本(上中下)を探さないとね。でも出来たら給料日後がいいかも(^^;
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ダ・ヴィンチ・コード面白いらしいですね。
最近は本を簡単に買える経済状況ではないんで買わないんですが、いまいちダ・ヴィンチは触手が動かない。
普通の小説なんですか?
なんかの説明本っぽくて・・・w
2006/05/16(火) 01:02:59 | URL | snow。 #-[ 編集]
snow。さんへ
私もサワリをちょこっと読んだだけなんですけど
ダヴィンチの作品(モナリザとか)に隠されたキリストの謎に迫る!
って感じでしょうか。でもバチカンでは不評だそうですよ。
なんと言ってもキリストに子供がいることになっているそうなので・・・。
2006/05/16(火) 22:33:41 | URL | あさゐ #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
海外旅行なら地球の歩き方
海外旅行の最新情報
エイビーロードネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。