好きなものは好きなのさbyあさゐ
パリキチあさゐの思い出日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パリの病院にて・・
もちろん行くべきじゃありません!でも仕方ない時もありますよね?

(複雑骨折した我が母のように・・)

あさゐ親子が駆け込んだアメリカン病院は、私立病院なのですが、正面玄関は


ホテルの入り口かいっ


って感じでした。ただ、手術前待機室(?)には監視カメラありましたけどね・・。

何かすると思われているのかしら??

日本人御用達(?)のこの病院では医師も個人病院と連携をとっていて、

必要に応じて呼び出してくれます。

あさゐ母は小指の複雑骨折なので手の専門医が呼ばれました。そして数十分後・・

彼・ステファンは全身真っ黒でバイクでやってきました、ヘルメット片手に(^^;

何で来てもいいけど、患者の前では医者らしい格好をしてほしいものです。

車椅子で移動してレントゲンを撮り、ダーツのように破傷風の予防注射を打たれ

(この時点で母は注射されたことに気がついていませんでした・・)

受付で保証金の書類にサイン・・・って3000€だとぉっ!?

・・・仕方ないので、そのままサイン&カード提示・・・

これは退院の支払い時に破棄してもらえますのでご安心ください。

そして会計は病院宛と医師宛に分かれています。うちは緊急手術&一泊入院で・・・

4500€×2!!!

ドキドキしながらカードで支払いましたよ~~2度とごめんです。

その後レントゲン写真や処方箋をもらい無事退院しました♪

術後4日目手術医の病院へ消毒しに行きましたが、そこで包帯をとられてしまい

怖いからもう1度巻いてと言っても聞いてもらえず、固めのバンドエードになりました。

おまけに頼んでおいた診断書はまだ書けておらず、あとでホテルへ送るといいながら
彼は緊急手術でベトナムへ旅立ちました・・・診断書ぐらい書いて行けっ!

でも帰国後病院へ行ったら、とても細かいすばらしい手術だと言われました。

ありがとう、ステファン!!

ステファンの個人病院

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うおーーーーすごい体験ですね。
保険会社入ってました?
帰りの便も変更になったのでは?!
今度夫婦でフランス行く予定なんですけど
絶対に気をつけよっと。。。
2005/11/04(金) 09:42:09 | URL | ciel #Wq0VmQSI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
海外旅行なら地球の歩き方
海外旅行の最新情報
エイビーロードネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。