好きなものは好きなのさbyあさゐ
パリキチあさゐの思い出日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロダンの駅
ヴァレンヌ駅


パリの駅は、どこでもその場所柄に応じた雰囲気になっています。

ちなみにここはロダン美術館近くのヴァレンヌ駅。

その結果、有名な考える人のレプリカが置かれています。

そして本物は美術館(元は本人の家)の庭で雨ざらしになっています。

いいのかな~仮にも世界的に有名な彫刻を野ざらし状態で(^^;

ここは結構庭も広く、地獄の門などの作品も庭の端に置いてあります。

庭には有料トイレもありますよ。あさゐは小銭がなかったので、ただで

使わせてもらいました・・掃除のおばさんありがとう(T_T)

またここには弟子で愛人だったカミーユ・クローデルの作品を見ることもできます。

でも40過ぎのロダンおじさん、19歳の弟子に手出しちゃいかんよ。

内縁の妻ローズもいたくせに何考えてんだか・・。

でも彼らは芸術的にとても近いところにいたらしく、現在ロダンの作品といわれるものも

カミーユとの共同作品と言っても過言じゃないものもあるそうです。

そのせいでカミーユは認められない時もありました。そして結局優柔不断なロダンとの

愛に疲れ、最後にローズを選んだロダンに裏切られたカミーユは

狂気の道へと進んでいくのです。最後に精神病院で死を迎えるで・・。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おはようございます。
内情に詳しいですね!私は映画の影響で
昔はパトロン(かな?)がいたという話を
聞いたことがあります。同性愛は珍しいものではなかったんでしょうけど認められなかったんですよね確か。。。
また遊びに来まーす♪
2005/11/01(火) 07:31:40 | URL | ciel #Pt6tkSnA[ 編集]
ロダン
ロダンのパトロン・・できたら普通のパトロンでお願い
したいところです。
私が認識しているロダンが「ひげおじさん」だからかも
しれませんが。
少し仕事が忙しくなってきましたが、毎日更新を目標に
がんばりますので、またよろしくお願いします♪
2005/11/01(火) 22:01:30 | URL | あさゐ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
海外旅行なら地球の歩き方
海外旅行の最新情報
エイビーロードネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。