好きなものは好きなのさbyあさゐ
パリキチあさゐの思い出日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サンドニ門
パリで「門」と言えば、凱旋門を思い浮かべるのがほとんどだと思います。

それもシャルル・ド・ゴール・エトワール広場にある有名な凱旋門でしょう。

でもパリには「門」と名のつくものが他にもあるんですよ。

パリに街はドンドン広がっていったので、その過程で作られた「門」があるんです。

1674年にルイ14世の戦勝記念に建てられ、いわゆる凱旋門が出来るまでは

パリで1番大きかったそうです。と言っても厚みがないし、上に登れるわけでないので

ある意味本当に「門」なんですよね。

壁面にはルイ14世の功績が彫刻で描かれていますが、ルイ14世と言えば

ヴェルサイユ宮殿を思い出してしまって、あまり戦っているイメージがないんですよね。

周囲には時々娼婦さんが・・

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
海外旅行なら地球の歩き方
海外旅行の最新情報
エイビーロードネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。