好きなものは好きなのさbyあさゐ
パリキチあさゐの思い出日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
模写する人
パリの美術館はちゃんと申し出れば模写することが出来るようです。

ガラス越しでない名画を目の前に絵を描くことができるなんで素晴らしい!

あさゐは絵の描き方を知らないので何ともいえないのですが、こうやって

人物像から描き始めるものなのでしょうか?

鉛筆とかで下書きってしないんでしょうかね?いきなり本番なの!?
もう本番?

もちろん写真を撮る時は「撮ってもいい?」と確認します。

前にピカソ美術館で写生?をしていた学生には「恥ずかしい」と断られました。

あさゐは画才がないので、写真をとるのが精一杯です(^^;

ちなみに本物はコッチです。
ミレーの晩鐘

学生時代美術の教科書でしか見られなかった名画が、目の前にあると思うと

感激もひとしおですね。顔を近づけてみることも出来るし。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
芸術の都に相応しい素敵なシーンですね。
下書きもせずに描き始める豪胆と後姿はピカソに
似ているような?
2006/02/16(木) 23:13:49 | URL | funfunfun409 #3un.pJ2M[ 編集]
なんだかとってもフランスチックでいいですね!
美術館で静かに絵を見るなんて何て贅沢な時間!!と思ってしまいます。
普段子育てに追われてるんでたまには心を癒しに行きたいもんです。
それがパリなら最高でしょうね!!
2006/02/17(金) 01:12:05 | URL | ジュリアン #-[ 編集]
いいないいな~♪
芸術家よしぱん(ウソ)としては、死ぬまでにやってみたいことベスト100(多いって?)の中に「パリで美術館めぐり」が入る!!やっぱり本場はいいですね~☆
2006/02/17(金) 01:20:36 | URL | よしぱん #-[ 編集]
funfunfun409さんへ
日本じゃあまり見られない光景です。
でもパリの美術館では結構普通に見かけます。
普通の人も週末に絵筆を握れば芸術家!?になれるのかも。
芸術家を目指す人に優しい街ですね。
2006/02/17(金) 22:19:08 | URL | あさゐ #mQop/nM.[ 編集]
ジュリアンさんへ
広くて明るい美術館でゆったりとした時間を過ごすのは
とっても贅沢な時間ですよね。それもたった7,5ユーロ(約1000円)で!
ちなみにココはオルセーですが、運が悪いと名画がどこかに貸し出されています(^^;
行き先が日本のこともあったり・・・・。
2006/02/17(金) 22:22:52 | URL | あさゐ #mQop/nM.[ 編集]
芸術家?よしぱんさんへ
やっぱり本物を見ようと思ったらヨーロッパが1番です!
なんと言ってもガラス越しじゃないしー。
(触っちゃいけないけど)触れそうな距離に国宝級の名画がっ!
そして入場料も安いし、カルト・ミュゼというフリーパスを買っておくと更に便利。
決められた期間内なら自由に出入り可能という優れものです。
2006/02/17(金) 22:33:01 | URL | あさゐ #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
海外旅行なら地球の歩き方
海外旅行の最新情報
エイビーロードネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。