好きなものは好きなのさbyあさゐ
パリキチあさゐの思い出日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マリー・アントワネット映画化
フランシス・コッポラの娘ソフィア・コッポラが監督ですね。

何でも「1人の女性としてのマリー・アントワネット」を撮るとか。

う~ん、確かに興味ありますね。

あさゐは池田理代子先生作「ヴェルサイユのばら」を読んでいるので

大まかな歴史は知っていても「人間マリー・アントワネット」は

あまり知らない(というか知りようがない)気がします。

14歳で結婚し19歳でフランス王妃となり、フェルゼンとの道ならぬ

恋に身をこがし、36歳で断頭台の露と消えたハプスブルグ家の皇女。

ヴェルサイユでの豪華な暮らしの中で、彼女は何を考えていたのか

どのように生きてきたのか、そして孤独だったのか?

幼くして陰謀渦巻く宮廷に放り込まれたかつての敵国オーストリア出身

の彼女にはどんな苦労や葛藤があったのか・・・。

公開は2007年になるようですが、見に行きたいですね。

現在、ヴェルサイユやプチ・トリアノンの休館日を利用して、現地で

撮影続行中だそうです。いっそ撮影現場に行ってみたいです~~。

プチトリアノン内村里の王妃の家

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
海外旅行なら地球の歩き方
海外旅行の最新情報
エイビーロードネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。