好きなものは好きなのさbyあさゐ
パリキチあさゐの思い出日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
純白の聖堂
モンマルトルの丘にそびえるサクレクール寺院。

カトリックの国・フランスの建築物にしてはちょっと変わった形です。

ローマ・ビザンティン様式っているんですけどね。

ここは、日本語風に言うと「聖なる心」寺院という感じです。

戦争や内乱に疲れた人々がお金を出し合って建設したものなんです。

モンマルトルの坂道を抜けると、緑が広がり、その中心に空をバックに

建っているのですが、空の青、純白の聖堂、木々の緑がとても美しい

場所です。

階段をゼーゼーのぼり、中に入ると1番に目に入るのが、ドーム天井の

キリストや周囲の人々を描いたモザイク画です。

内部を歩くと、修繕のための募金を呼びかける一角があり、そこには

日本語も書かれています・・誰が書いたか、決して上手くないですが。

そしてここは、聖堂正面に向かって左側の階段を降りると、ドームへの

上り口があります。

まぁこれがかなり大変!ドームの内壁や屋根に沿って上へ下へを

繰り返し、いったい今どのあたりにいるのさ?と思いつつ頑張ると

中央ドームに到着します。

そこから見るパリの風景はもう絶景!!たどり着くまでに苦労が

報われる瞬間です。もしもう1度登れ・・と言われると・・・

かなり悩みますけどね。

サクレクール

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
海外旅行なら地球の歩き方
海外旅行の最新情報
エイビーロードネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。