好きなものは好きなのさbyあさゐ
パリキチあさゐの思い出日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上海旅行の最後
朝早くに出発し、1時間以上かけて上海浦東空港に到着しました。

チェックインの手続きはガイドのレイコさんがしてくれるので楽なものです。

紹興酒とか買われた人はスーツケースに詰めて預けなくてはならないのですが

あさゐ親子は出国後に買うつもりだったので、何の問題もなしでした。

スーツケースの大半を占めているのはシルクの掛け布団ですねぇ。

痛む腰を抱えつつ、何とか旅行日程を終え、帰国の途に着くことができました。

感想は・・・そうですね、腰が痛くなければもっと楽しめたかもしれません。

あと(ちょっと怖いけど)フリータイムがあるものいいかも♪

広い中国、まだあさゐが見たのはほんの一部に過ぎません。また機会があれば

ツアーに申し込んでみるのもいいかもしれません。(安ければですが)
結構人が多いチェックインカウンター やっぱり歩いて搭乗

はじめて見るリアルタイム説明 最後の機内食

機内で乗務員からベストの説明を受けたのは初めて。いつもテレビだったから。

そして最後の機内食・・・羽二重餅もそばも中々でしたが、不思議なのが

なぜ巻き寿司に具がないかということ。わさび味がしましたが。
スポンサーサイト
上海逸和龍柏飯店
最後のお宿はデラックスホテル(弊社基準)ってやつでした。

元々は日航資本のホテルだったようで、一応ホテル内は日本語が普通に通じます。

国際線で利用する浦東空港は上海の東にあるのですが、このホテルは虹橋地区。

昔国際線の空港で現在は国内線として利用されている虹橋空港(ホンキャオ)に

便利な場所に作られているんです。まぁ上海の西側ですね~。

中には売店があり、どん兵衛やあられ、クッキーが少しだけですが置いてありました。

思わずしょうゆ味のあられを買いましたけど(^^;

NHKを見ることも出来るし、朝食も中華でないビュッフェ形式です。

味は微妙ですが、お味噌汁やおそば、卵焼きや冷奴など懐かしい味がありました。

ただ「日本式のかぎ」と言って渡されたのが、カードキーでなく普通の鍵だったのが

「えっ・・・」って感じでしたね。長方形のプラスチックのキーホルダーつきのヤツです。
ホテルの庭 朝食ルーム

玄関の兵馬俑? ホテルの看板

上海雑技団のすごいこと
日本円にして3800。人民元では280元を払って見に行きました。

雑技をやっている劇場は上海にいくつかあるそうなのですが

あさゐたちは運がいいらしく、特に素晴らしい演技者が集まっている劇場とのこと。

動物を使ってやるのがサーカス、人間技だけでやるのが雑技だそうです。

テレビでもよく見ましたが、鉄で出来た球体の中をバイクで走るやつは

本当にドキドキしました。すごく小さいんですよね、球体が。

その中を何と8台のバイクが縦横無尽に走り回るのですから!

最後に分かったのですが、8人中2人は女性でした。すっごいですよね。
近くの遊技場? 開演前

バイク フィナーレ

すぐそばのゲームセンターにはUFOキャッチャーがありました・・・。
人気スポット
外灘(ワイタン)は本当に人気スポットのようで、夕方でもこの人出です。

子連れから恋人同士、お年寄りなどはもちろん、あさゐたちのような観光客も(^^;

観光バスもワンサカと停車しているので、あぶれたバスはその辺りをウロウロして

観光が終わるのを待って、携帯電話で連絡を取っているようです。

またバスの止まり方が結構すごくって、隙間をぬうように歩いていかなければ

なりません・・・すっごく汚れているバスなので、触れないように気をつけつつ。

本当に・・・すごい人ごみです。そんな人相手の商売人も混ざっています。
人ごみ

フランス租界
外灘(ワイタン)のこちら側。向こう側が新しい上海なら、こちらは古い上海です。

かつてフランス租界時代の建物が並んでいるのですが、やっぱり???です。

何かフランスっていうよりもイギリスって雰囲気なんですよね~。

ホテルやら銀行やらの建物になっていて、屋上にたなびいているのは中国の旗。

あちこちに漢字があるわけですが、まるで中国の中のヨーロッパという趣ですね。
フランス租界

海外旅行なら地球の歩き方
海外旅行の最新情報
エイビーロードネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。